カテゴリ

カテゴリ:Gratitude、Thanksgiving

Banff Mountain Film Fes 09

カテゴリ:

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

BMFF-09 

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル 09’ に参加するため、乗鞍高原

行ってきました。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

残念ながら・・・星空の下で観る事が出来なくて

屋内での上映だった。

 

 

2

3

 

 

 

 

乗鞍はMバージョンで、A・Bの抜粋だったが・・・残念ながら

08’年と同等の内容が上映されて(一部)、かなり残念。

 

09’の意味ないじゃん!!! 頼むよパタゴニア!!

 

 

 

 

ロッククライミングやカヌーを、やりたい!やりたいと!

想いながらも、実行できない自分が悔しいねぇ・・・・

 

 

フィルムフェスは、とってもスリリングで自然との共生を考えさせられる内容で

来年は是非、星空の下で観たいものだ!!

 

 

Mの内容もだが、A&Bのプログラムには、下記のコンテンツが含まれる。

MTB・動物・フリークライム・ロッククライム・アイスクライム・自然・登山

環境・スノーボード・スキーなどなど・・・ 室内で残念だが、名古屋へ行って

観るか・・・

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

カテゴリ:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■









今日、中京テレビ「幸せの黄色い仔犬」に
サムライ日本プロジェクト が特集されてた










美濃国の立国にあたって、美濃国の素晴らしさをもっと、もっと知って、発信して行かなければ・・・

と、強く思いました。 
他の国に魅力があって、地元を離れた期間が長かったけど、

日本を意識しはじめ、地元を意識し始めた事により生まれた”縁”があり、地元(実家)の企業に

勤め始めて、今では誰よりも瑞浪が・・・東濃が、美濃が大好き。






自分のROOTがある町で、もう既に次の世代が芽吹いていて、何が出来るか・・・?





多くの仲間を作り、どれだけ経っても地元を自慢できる町を作り上げる事だと。



良い物があるとか、便利な町とか・・・・全然そんなんじゃなくて、心が楽しめる町






そんな町を、今の仕事を介し構築を目指します!!
















「発見!人間力」  この番組も刺激を受けます。






VIVA 東濃、 VIVA 美濃国 !!    そしてサムライ日本 & ALL OF YOU !!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


09’美濃里祭ではサムライ日本美濃国のお披露目があります。10月4日です。


豊かな時間

カテゴリ:
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




近年類のない感銘を受けた




















京都・左京区は花脊に在る美山荘さんへ



l_miyama_gaikan













人里離れた、山深い場所に在る事自体、おいらの心は高揚した


こんな場所に住みたいなぁ〜


img963e5b9czik8zj
























実は打ち合わせの為にお伺いして、姉妹店であるOKU Gallery & Cafe


top01











食事をしようと思っていたが、思いがけも無く専務の中東さんがお昼どうですか?

とお誘いくださったので、思わず・・・・ ”差し支えなければ”って言っちゃった














・・・・・と言う事で、離れで食事を頂く事に!!(#^.^#)

1




石楠花(シャクナゲ)の間











全てに心をうたれた。


美味しいお店って幾らでもあるけど、此処は違う!









携帯が圏外から始まり、車を止めた瞬間からおもてなしが始まる。


そよ風の様な細やかな心遣いが隋所に感じられ、トイレ借景ですら人は自然と


共存して生かされている事を痛感した。















料理は山で採れる物ばかり。繊細で一品一品、素材の旨味があり、濃くも無く


薄くも無く、器の中のほかの食材とのコラボレーションもまた旨い!!




23




写真抜粋

しつらえや器、
くどくなくて
どれも素晴らしい

11品目程あったかな?(小左衛門で酔っぱらいました)笑








この大自然において人間の英知と美山荘さんの料理の技術とおもてなし


感謝の心まで頂き、心身ともにかな〜りリフレッシュ&インスパイアーされた。






これらの料理から子供や妻が何を感じるのか、いづれは一緒に泊まりたい


宿のひとつ。








仕事で訪れた場所だったけど、本当に豊かな時間を頂けた事に感謝です。












カテゴリ:
バンフマウンテンフィルムフェスティバル に行ってきました。
Banff Mountain Film Festival BMFF   Banff Centre BC

カナダ・バンフで毎年行われる山岳映画祭。
世界各国から山岳・アウトドアスポーツ・冒険分野のドキュメンタリー映画を
集め、数日間かけて、アルバータ州のバンフセンターで開催される。
その映像の迫力たるや、アウトドアスポーツファンならば必見。

2004年からパタゴニア主催で日本でも行われるようになったBMFF。
当初は、抽選だったらしい。

昨年初めて名古屋で行われ、 2008年は2回目。

機会があれば信州Verに行ってみたい(野外好きなんで)。
チケット代金が安いのも魅力かな。
AとBのプログラムに分かれていて各一時間半位の長さ。

しかし何で秋にやるん??仕事柄行けへんて。
・・・って11月のこの時期に行ってきたのだが。
 
でもこのフィルムフェス世界30ヶ国で上映されてるっ!! 凄い!!!

内容は刺激される事ばかりだし、山登り好きな人はなおさら。

そんなおいらはそこまで山登りやクライミングに情熱を捧げている訳では
ないが、フィルム出演者、関係者の考え方に共感する。
自然を敬愛し、共に生活する事の大切さをかんじた。

純粋に素晴らしい映画なので、こういうフィルムこそメジャーな映画館で上映され、ECOの波に乗る事で多くの事を訴え、飽和時代の警笛に気付いてもらいたい。

VIVA 日本酒文化

パタゴニアの独占主催ではなく、多くの企業からの共催があるとまた変わると思うが・・・




カテゴリ:

最近バタバタで全然更新してなかった・・・

本日(既に日付は変わっているけど・・)

仕込第一号(18醸造年度06年7月から07年6月末)のお酒を搾った。

・・・・美味い♪ 昨年は、香りは良かったけど味乗りがいまいちの為、本年度は改良を

した。結果いいじゃなぁ〜い^^ まあ製造する側からするとたちまち他の改良点が浮かんでくるのが

決まり。今回も然り。また来年の目標が出来ちゃいました。

飲んだ方は是非厳しいコメントをくださいね♪否定、肯定両方^^

お酒ってホント神秘的な物だと思う。お酒が搾られてきたら何故だか無性に嬉しくて

感謝したくて、飲みたいけど、先ずは神様に・・・って気分になる。

その繰り返し。数値的にはDATA取れても一年の自然の恵みからおいらはこの仕事を

させて貰えている事に感謝です。ある意味、神に捧げるお酒なのかな?とも思う。

 

そうそう、仕込第一号というのは一番目に仕込んだお酒って事。

家の場合はブレンドしないシングルモルトhttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%b7%a5%f3%a5%b0%a5%eb%a1%a6%a5%e2%a5%eb%a5%c8 (ウィスキー用語だが、参照までに)

が殆どだ。上記意味は1つの蒸留所で造られた・・と在るが、家の場合は+タンクごとのブレンドも

しないのが特徴。地酒の醍醐味かな?

現在仕込2〜5号迄の製造段階を徐々に進めてきている状態です。

日本酒って(うちの場合)お米からお酒になるまで約5週間〜8週間かかるんだよ。

その間、幾つもの過程を経てお酒へと変化します。

会社のBLOGに製造過程とか明記して行こうかなぁ・・・

カテゴリ:

昨日、『 森の感謝祭 』に参加してきた。

記念すべき第一回目の森の感謝祭!!

人は温かいし、空気は美味い、星が綺麗だし、雰囲気が良い。

何より、自分だけが楽しい、参加した人が楽しい、主催者が楽しいだけではなく

もっと夢があるこのEVENTには全身全霊で協力、参加してゆきたい。

 

いやぁ〜 飲食ブースも充実していたし(美味い物ばかり&ヘルシー&マクロビオテック感◎)

お茶やパンもこだわりで美味い。心身ともにレフレッシュ出来るイベントだったなぁ〜^^

 

地元でこんなEVENT出来たら最高ですなぁ〜・・・・

 

お茶の概念が変わる、超健康茶 ↓ エネルギー高い母さんでした^^

http://auction.woman.excite.co.jp/item/74548079

 

 

森の感謝祭 MORICAN もりかん モリカン 一色の森キャンプ場 荘川 荘川道の駅

カテゴリ:

18BY(Brewering Year:醸造年度)のお酒造りが始まりました。

 

                 \ (^   ^) /  感謝、感謝 m(__)m 

 

11月、第2金曜日 には、

(今日もう既に日にちは変わってるが・・洗ったお米ちゃん達が麹になり)

お酒へと姿を変えます^^

日差しが熱く、額から汗が滲み出る気候の中での初洗いは不思議な気持ちでした。

 

今からお米を蒸す準備をします・・・

 

 

カテゴリ:

以前から水の浄化、自然と人の共存、ECOなどいろいろ考えていた。

参加型の楽しい循環は無い物か?そんな中、答えがこのイベントに潜んでいるのかも知れない。

http://www.morikan.net

 

近年の土砂崩れ、ゲリラ的な雨、堤防の決壊、温暖化に様々な奇怪な事件・・・

精神的な社会になったのは事実。その中で家庭のなかで学ぶべき事、学ぶべき(犯すべき)

年齢に物事を行わなかった。数々の否定的な事。

おいらは、自然の中に全ての答えが在ると信じている!

森、川、田圃、畑。何も変わらない、むしろ人間の全てのEGOを吸収してくれているのでは?

それらがオーバーフロウする時が、天災、災害が起きる時だと。

森を基点としたライフスタイルを再度見直したい・・・

そんな想いがギュッと詰まったECOでHAPPYなEVENT・・・

皆さん参加しませんか??

 

 

カテゴリ:

お盆の時期になると妻の実家に行く。 

長野は松本、とっても良い町だ。

お墓がある場所は大町(白馬の手前)なんで車でゆったり中央アルプスを

眺めながらしばしドライブ。ここいらでは8月に行事を行うみたい。

13日に迎え火、16日に送り火を行う。

不思議なもんだ。

終戦記念日が丁度合間の15日というのも何かあるのだろう。

日本と言う国にとって・・・

ばあちゃん家には仏壇と神棚、大黒様がそれぞれの社に収められている。

日本独特のスタイルだなぁと再認識。多くの家では仏か神かOR with大黒様

のようなスタイルが多い気がする。・・・そんな事どうでも良いかぁ

ただお盆中の靖国問題やA級戦犯などの放映や出版物にふれて

日本人として、一個人として思ったこと。

 

祈り(感謝)の大切さ!!

祈る前にすべき事を100%まっとうする事!!

 

現実、目の前にある事を把握して未来(夢)に向かって努力する事。

またその行為が何の為に行われているのか考えると、おいらは自然に

手を合わせたくなる。

LOVE&RESPECTはそこからきた現代風な文字の羅列。

今のおいらには漢字でも表せない・・・・ただ万物に手を合わせ

感謝する事しか。 そっ、努力が足りてないのだ(理想が高い?)。

ただ一日の業務に追われ仕事をしたという充実感ではなく、

現在と未来を見据えた上での日々の充実度を高めてゆこう!!

そう悟った。目に見えている子孫&見えていない子孫の為に・・・

 

追伸:お酒造りはタカラの山。自分が成長させられる。

たった一滴から、LOVE&RESPECT=PEACE を感じてもらえる

お酒になるように精進、精進^^ 

 

カテゴリ:

随分と長い間BLOGを更新していなかった・・・・

日記のようなBLOGから遠のいてしまうのはいかんなっ!と反省

このBLOGを振り返ると 『 農 業 』 の発言が多い気がする。

いやいや、天気が良い今日長野県、山梨県あたりを車で走らせて見るとGWの休暇を利用して

農作業に精を出している人達に多く出くわした。またそれがおいらには気になるんだわっ。

人生のターニングポイントを越した位のおいらとしては考えたんだわ。

おいらは何を持って、何を意図して命を授かったのか?!

この命を一生懸命に生き抜くことは何なんだろうって・・・・

右翼的な考えと言われるかもしれないが、

日本人として、瑞浪人として日本を愛する事かなって。

この世に誕生させてくれた親に感謝で、そのまた親の親に感謝で、つまり先祖に感謝。

そうゆう脈々と受け継がれてきている事にしっかりと目を向け、忘れがちなそれらの事を

きっちり自分自身が身の丈寸法に理解し行動し子供たちに伝えてゆく事。

一日、一日を精一杯生き抜くって事。 なかなか出来るもんじゃないけどね。

おいらはそんな思考回路の中で、日本が好きだし、瑞浪が好きで、より良い町に!

と思っているわけで、酒造りと言う仕事を通じて社会貢献と発展を夢見る。

それはSAKE SYNERGY(日本酒の相乗効果)とでも言おうか。

日本酒と日本の歴史とは切っても切り離せない歴史があるし、日本酒が造られるまで、

原料製造段階から、お酒が飲まれるまでの過程でも数多くの相乗効果が考えられる。

原料を製造する、つまりお米を作るということ。大地を耕して作物を授かると言う行為。

おいらは、この分野で生きることの楽しさ、ありがたさを伝えて行けたら本望だ!!

森林を正常化し、農地を正常化し、河川を正常化する。

大きな課題だが、これらの事から多くの人と関わりを持ち人の和(輪)を広がりを持ちたいと

考える。     GREENPEACE、RESPECT&LOVE=PEACE 也

このページのトップヘ

見出し画像
×