カテゴリ

カテゴリ:自給自足の旅

カテゴリ:

今年の夏は冷夏だと気象庁の発表だが、熱い日が続いてるぞ・・・朝は寒いくらいだけど。

そんな天候をやっぱり農家の長老たちは解かるみたいで、今年は多く植えた(米の苗を)ぞっ、

との一言。 はっ?? 寒いからかぁ(蓄積温度や蓄積日照時間で農作物の作況が決まるのだ)・・

と少しの間があって気付く。 でっ、うちらの田圃もそうしたわけで・・・ 目に見えない世界では経験

が物を言うねぇ〜 凄い!!! 

そうそう、既に周りの田圃、畑では田植え、作付けが一段落着いて、とっても綺麗だ!!!!

鏡のような水田のあちこちから”ちょこん”っと顔を出した稲の幼い姿。遠くから見ると綺麗な

パステルカラーの黄緑色が出迎えてくれる。 近寄ればタニシや蛙たちと一緒にゆらゆら

揺れ動いて挨拶してくれる。ほっこりする瞬間が農地にはある!

かたや、作付けを放棄された草だらけの場所もある。そんな場所を見ると、悲しくなる。マジで!

産業革命から、住宅ラッシュ、米価の下落、跡継ぎの居ない田畑が続出している。

第一機械が高すぎる!!!! 外国へ物資を輸出する代わりに機械輸出しろよ。その方が

諸外国の為になるじゃねぇかよ!ったく、金の政治界はろくな事考えねぇ。

じゃあお前やれよっ!て事には行かないのが現実で・・TT 

しがないサラリーマンだったら、とっくに帰農していたかもしれない。いやこの事の重大さに気付いて

いなかったかもしれない。

で、何が言いたいのかと言うと、瑞穂の国を復活させるには、日本酒をもっと飲め!!

パンを食らわずに、米を食え!!マックを食ってるんじゃねぇ〜〜〜とかなり右よりの発言だが

健康面から見ても菜食、米食を見つめなおすべきだと。

 

美しい瑞穂の国、取り戻したい。

       それはおいらの野望だ!!!!

 

さあ、おいらは何時農民になるんだろうか?農村を5年以内に形にするぞ・・・!

カテゴリ:

本日やっとの事で、はざをかけていたお米を脱穀した。

連日の週末の雨模様で仕事できず・・・

おまけに水分%が高くて、流れる事多し。大変な時期に収穫してしまったもんだ

機械は例のごとく、お借りしたコンバイン(脱穀機)を使用して。収穫量は約1反で280K位(籾なので正確には解からないのだ)相当少ない収穫量だ・・・

NO農薬&NO肥料&雑草と共に成長した稲は素晴らしい減収になる事を学んだ。トホホホ・・・TT

来年に向けての課題”大”ですねぇ!!古代米、もち米も同じく減収だった・・・

 

世界で一枚、オリジナルT-Shirts

カテゴリ:

 

既存品が嫌いな(味気がない・・)おいらがミシンを扱い始めブランクも在りながらはや半年。

和風テイストが好きなおいらとして数種類のT-Shirtsをアレンジしました。

その中の一枚を今日は紹介!!

 

HSFront

HSBack

 

 

 

 

 

 

ヘンリーネック半袖に刺繍?と古布をあしらえてあります。

若干ミシンの糸が絡まったり、薄い生地のT-Shirtsだとよれが生じますが

オリジナル性在りますよ!仲間からはえっ作ったの?!買った物かと思った。

カッコいいねぇ〜との評価を貰い^^ 

売れないかなぁ〜?誰か製作依頼者居ないかな・・・??

 

※画像をクリックすると拡大表示されます

 

稲刈り2nd 古代米・黒・赤・香・緑米

カテゴリ:

本日1反ちょいの田圃の稲を刈り取った!!!!

本日のスターティングメンバーは:

渡邉良平、愛知直人、恩田靖司、恩田陽子、中島修生の5人で行いました。

連日の雨で予定が流れ流れで、昨日の雨でもち米のはざは倒れるし・・

手刈りせにゃあかんしで、すったもんだの稲刈りでしたわぁ TT

しかし以外にも大豆が良い頃合になっていた為、枝豆として捕獲!残りは大豆に

まあ、愛知君がバッサリ行ってくれたので当分枝豆にありつけそうです。

 

市原

やっぱ

機械は早いわっ!!

伊藤邸から借用。

しかし、最後の最後に・・・・

 

市原

米どころ出身の

陽ちゃん。お手のもんだね♪

はざの掛け方とかも

様になってたもんねぇ〜

 

市原

元肥、追肥一切無し。

無農薬、無除草剤。

無添加なお米たち♪♪

安心して食らえるよぉ〜

 

市原

 

とりあえず機械で刈れる稲は終了!

疲れ果てた体にスイーツの差し入れが!!

直輸入、本場ベルギーチョコ。兄貴39〜♪

 

市原

 

来年は我が子も稲刈り手伝ってもらおっと^^

・・・・現在10ヶ月

 

 

今日はこの圃場近辺の秋祭りがあり、稲刈り途中に神輿の活気付いた掛け声と

太鼓の鳴り響く中、稲刈りが出来た。五穀豊穣の感謝祭が起源なんだろうと

感謝をかみ締め俺らは収穫作業をしたわけで・・・

稲作2年目にして悟る。人件費をどう見るかは別にして、

農機具高すぎ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

農機具の代金の為に高い金払わにゃあかんと考えると無性に腹が立つ。

機械自体の寿命が長いとは言いつつも10年でしょ。年間稼働時間どんだけっちゅう

話ですよ。値段が下がれば俺らみたいな人でも購入しよか!って事にもなりうる訳で・・

しかしながら、古来の方法と言うのを体得した上で、機械の導入を試したいものだ。

結局機械欲しいのかよ!ってね〜^^

 

 

稲刈りPart

カテゴリ:

暑さも彼岸まで・・・とはどこへ行ったのやら、午後から瑞浪WEEKENDERS & 渡邉良平

と共に計約8畝位の糯米と粳米を稲刈りした。暑かったぁ〜BUT 楽しかった♪

 

稲

 

青空に映える稲の姿は美しい!!

アジア、日本の文化だね♪

 

 

 

糯米(もち)の収穫は下がゆかるんで大変な思いをしながらの収穫作業

稲刈り

 

一条刈りの機械を伊藤氏に借用して行う。

・・・無論好意で m(_ _)m

 

 

 

 

稲刈り

 

ぬかるんでいるのに無理やりオペレートした。

そんなせいか、機械の調子がおかしくなった・・

 

 

 

 

 

はざ

 

徐々に機械にも慣れスピーディーにこなして行く

この辺の駆け引きが面白い・・・

 

15時過ぎにようやく粳米(うるち、一般に食べている米の総称)の収穫に入る。

お金が無いので、自分達ではざに掛け(乾燥させる為)の設営中

 

 

はざ

 

やっぱ機械は早いわ!

されど・・・・

 

今やコンバインでだぁーとやればすぐ済むことだが、違うよね。

やっぱ自分達で苦労したものは、安心して食べられるし、美味いよ!

 

 

稲刈り

 

 

 

 

途中にはざ掛けした稲の棒が折れ・・・TT

四苦八苦の元、終了したのはもう日没・・・・・

なれない事をするのは時間がかかるが、それが自給自足の道である。

来週は残りの粳米の刈り取り&古代米も出来るかな?

 

 

ナベちゃん、WEEKENDERSの皆さんお疲れ様でした。

後はお天道様の力を借りて、脱穀作業が待ってるよぉ〜

 

・・・流石に疲れました**

 

稲刈りPart

カテゴリ:

暑さも彼岸まで・・・とはどこへ行ったのやら、午後から瑞浪WEEKENDERS & 渡邉良平

と共に計約8畝位の糯米と粳米を稲刈りした。暑かったぁ〜BUT 楽しかった♪

 

稲

 

青空に映える稲の姿は美しい!!

アジア、日本の文化だね♪

 

 

 

糯米(もち)の収穫は下がゆかるんで大変な思いをしながらの収穫作業

稲刈り

 

一条刈りの機械を伊藤氏に借用して行う。

・・・無論好意で m(_ _)m

 

 

 

 

稲刈り

 

ぬかるんでいるのに無理やりオペレートした。

そんなせいか、機械の調子がおかしくなった・・

 

 

 

 

 

はざ

 

徐々に機械にも慣れスピーディーにこなして行く

この辺の駆け引きが面白い・・・

 

15時過ぎにようやく粳米(うるち、一般に食べている米の総称)の収穫に入る。

お金が無いので、自分達ではざに掛け(乾燥させる為)の設営中

 

 

はざ

 

やっぱ機械は早いわ!

されど・・・・

 

今やコンバインでだぁーとやればすぐ済むことだが、違うよね。

やっぱ自分達で苦労したものは、安心して食べられるし、美味いよ!

 

 

稲刈り

 

 

 

 

途中にはざ掛けした稲の棒が折れ・・・TT

四苦八苦の元、終了したのはもう日没・・・・・

なれない事をするのは時間がかかるが、それが自給自足の道である。

来週は残りの粳米の刈り取り&古代米も出来るかな?

 

 

ナベちゃん、WEEKENDERSの皆さんお疲れ様でした。

後はお天道様の力を借りて、脱穀作業が待ってるよぉ〜

 

・・・流石に疲れました**

 

残暑の猛威・・・暑さも彼岸まで??

カテゴリ:

赤米

 

 

 

 

 

いい感じに黒米、赤米、(緑米、香米はほぼ全滅・・)が育っています。

酒米は背丈が高いと言うなれど、古代米はそれ以上に高いだろう!!

その代わり、けつ(1本の苗から、新たな茎の成長がある、いわゆる新芽みたいなもの)

量が少ない。茎は太く稲穂が無ければ新たなススキかなぁ?と思わせるような、しっかりとした

姿です。

今年初めての試み&不耕起の為、作付け面積の半分が雑草にやられました。作業場の

不手際等々・・改善点は山積みTT まあ、失敗しただけ成功に近づけると思って、より良い種が

取れるように、これからの成長を楽しみたいと思ってます。

ちなみに今年の種籾は長野県は飯田市にある”農園さくら”さんのお世話になりました。

http://gensenmai.com 俺、個人的にはさくらさんが行っている農業スタイルに憧れてます。

近い場所なので、いずれ見学に行ってこようと考えてる。

 

 

 

コスモス

 

 

 

 

 

周りの田圃では随分とハザ掛けされ、秋の情景に染まりつつある。

そんな道端に何時から、誰が始めたのか、コスモス?が咲き乱れ俺の心を

和ませてくれました。舗装道路が溢れ、交通手段が発展した今このような道草的行為が

妙に心に沁みるこの頃。年かなぁ・・・・いやいや、いやいや

 

すべては調和・・・

カテゴリ:
b2b74fa0.jpg

 

一枚だけ水が欲しい田圃へ水口管理中!

 

 

 

本日もち米の刈り取り作業を行う予定でいた・・・おいらは遅刻組。

がっ・・水(圃場)の管理不足の為、Weekendersとナベちゃんには悪い事した。

ぬかるんで機械を入れることが出来ない  T T 

乾燥させる OR 鎌で手刈りか? 4人で4畝は時間が・・・と思って来週に延期。

しかも・・うるち米は水不足気味。

(穂先から登熟していないのに稲穂から毛が出ている。葉は緑色が薄く茎が細い。

背丈も本来の品種からしても低い。放任しすぎたか??)

ところがっ!!水が来てない (OO) 周りの圃場は必要ないからポンプの汲み上げを止めたのだろう。

一人だけ時期をずらすとこうゆう事かぁ・・・と反省をした。m(_ _)m

 

 

水の必要の無い稲を作ればよいのだなぁ・・・(陸稲もあるよ)協調性は必要なくなるよね♪

水溜まるかなぁ・・・・雨よ降れ!!

 

すべては調和・・・

カテゴリ:
b2b74fa0.jpg

 

一枚だけ水が欲しい田圃へ水口管理中!

 

 

 

本日もち米の刈り取り作業を行う予定でいた・・・おいらは遅刻組。

がっ・・水(圃場)の管理不足の為、Weekendersとナベちゃんには悪い事した。

ぬかるんで機械を入れることが出来ない  T T 

乾燥させる OR 鎌で手刈りか? 4人で4畝は時間が・・・と思って来週に延期。

しかも・・うるち米は水不足気味。

(穂先から登熟していないのに稲穂から毛が出ている。葉は緑色が薄く茎が細い。

背丈も本来の品種からしても低い。放任しすぎたか??)

ところがっ!!水が来てない (OO) 周りの圃場は必要ないからポンプの汲み上げを止めたのだろう。

一人だけ時期をずらすとこうゆう事かぁ・・・と反省をした。m(_ _)m

 

 

水の必要の無い稲を作ればよいのだなぁ・・・(陸稲もあるよ)協調性は必要なくなるよね♪

水溜まるかなぁ・・・・雨よ降れ!!

 

復活 〜稲作との格闘〜

カテゴリ:

長い間ブログから離れてました・・・・・・

昨日解った事だが、再三Livedoorのサポートセンターに問い合わせて、ブログが使えないだの、

二重登録しただの何やかんややっていたら、単にブログの登録IDを勘違いしていたみたいで、

アカッ恥かきました。

 
そんな訳でブラグから離れていた月日の中には様々なイヴェントが繰り広げられていました
その一つは苦労して種まきしていた圃場に実りの風が吹いてます。
 
 c05a6e38.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
上の圃場は乾田不耕起直播という方法で稲作に取組んでいる様子です。
これがすごく厄介で、ハラハラさせる田圃なんですわ。もう草しか生えてないねぇ
なんて諦めていたら、おぉっ出穂してきたぁ〜 稲は雑草と共存して何ぼですね。
収穫量を得る為に無くした物が大きすぎるように感じた為に試験的に行った方法でしたが
、自然界のサイクル、何が俺の残したい事(伝えたい事)なのかをはっきりさせてくれた
貴重な稲作体験です。
 
 

古代米

こちらは古代米(赤、黒、緑、香米)を不耕起直播しました。

一番心配な圃場です。

8月末で、出穂の目処がたってないから・・・稲刈りは11月

入るのかなぁ?情報も何も無いまま始めた古代米作り。

どうなる事やら。

 

 株の下部(プップッ・・・)の色が紫色なのが解りますか?

これが黒、赤米の特徴のようです。

穂はもち米のように褐色付いた穂になるそうです。

 

 

 大豆

田植え中に、ここの田圃使ってくれんか!?と言われ、

ただでしたら・・・なんて話から借用してる圃場の一部に

大豆を植えた。昨年の稲作の栄養分が充分に効いているせいか、

茎のなり方が良い。でかい!!

黒豆は実が成っている(背丈が2/3位)。フクユタカぁ〜頑張って俺達に

豆腐喰わせてくれぇ〜・・・・・・・・・・・

 

なんやかんや除草との戦いの日々。しかし農薬と言う天敵に負けずと・・・・

来年行ってみる無農薬の方法は米ぬかだ。それと草。

ほんの針の先ぐらいにも満たない部分での行為だとは思うが、

農薬、肥料(化学肥料)、環境についてもう少し前向きに捉えていって欲しいから

今無駄に思えるような行為をしています。

小さな波もだんだんと加速すれば大きな波になると信じ、無農薬栽培に助成金を!!!!!

 

このページのトップヘ

見出し画像
×