カテゴリ

カテゴリ:Greatと思うこと

カテゴリ:
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





健康診断で初!!気になる値が出始めた・・・
っと言っても基準値範囲内だが


腹廻りのスペアタイヤもサイズアップし始めた。


そんな、自身の外見的にも変化し始めた今日この頃・・・


















おいらは、何のために生きているのか・・・・誰もが考える 事でもあるが




人のため、人と繋がるため




目に見えるあの人 かもしれない、遠い未来の子孫の為かもしれない










サムライ日本プロジェクトのリーダー事、安藤竜二率いるオッサンバンド

サムロックス・・・そのうしろ姿は渋すぎるくらい、カッコイイ







二十歳のころ感じていた、25,6の人や30代の大人ってカッコイイと

ああ成りたい・・・そう感じていた昔




実際、自分がその年に達して、満足なのか、不満足なのか

どっちでも良くて・・・自分が好きか?



背中で語れる年には達している。 




前に進むだけだ





そんなカッコイイおやじバンドを上手にまとめて下さっている

同じサムライ日本プロジェクト仲間の、金トビ志賀さんの社長さん




http://kintobi61.exblog.jp/11581701/




理知的で、面白くて、思いやりのある素晴らしい方です。



サムライ日本プロジェクトにはホント面白い人達が集まっています




↓ サムロックス・YOUTUBE ↓



<object width="480" height="385"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/lVe0acJXSts&amp;hl=ja_JP&amp;fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/lVe0acJXSts&amp;hl=ja_JP&amp;fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="385"></embed></object>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

カテゴリ:

兼ねてからの夢である外国生活や馬との生活。TREE HOUSEやCanoeや豊かな自然・・・
そんな想いを再沸させていた矢先、兄貴の同期の木工職人、桑原誠司さんのitemに触れた。

現在もVancouverで活躍中 IE Designs
 洗礼されたデザインの中に機能美と楽しさを感じるITEMSだ。

そんな誠司君の作品を垣間見ているだけで、刺激を受けます。
おいらも頑張らなきゃぁ〜と


カテゴリ:

毎年、7月の第一日曜日 に行われる

みくに茶屋企画のコンサート、ラベンダーの夕べにSTAFF参加してきました。

今年で確か13回目?だったかなぁ・・・

此処に集まるSTAFF、奏者、お客さんは良い人達ばかり。

今回も新たな出会いが在り、刺激を受けた。

 

小左衛門:始禄ってどんなお酒なんだろうか?って常に自問自答。

見え隠れする壁に、自分すら見失う事もあるなぁ・・・

で、やっぱりみくに茶屋でお逢いする人達に共通して言えるのは、『人』、『感謝』、『ありがとう』

『共存』、『想い』とかだ。 大多数の人が仕事をして生活をしているのだが、仕える事柄をしている

わけで、仕事を

愛を持って仕える人が増えたら世の中もっと良くなるだろうなぁ〜と感じた。

少なくとも、おいらは仕事が好きだし、金を儲ける為に仕事をしているつもりもない。

『 想いを伝える 』これが出来たら最高の幸せであり、今後の夢へのPATHでもある。

瑞浪をもっと愛して、瑞浪をもっと愛する人が増えて、瑞浪が楽しくこころが豊かな町になったら

すげえ楽しい♪ やっぱりおいら瑞浪が好きなんだなぁ・・・  がんばろ

 

・・・最後に毎年大変な準備をこなしてコンサートを行うみくに茶屋の皆様に感謝!

 

カテゴリ:

昨日岐阜県は北東部に位置する、福地温泉にある萬葉館(ばんばかん)さんへ出向いた。

奥飛騨温泉峡最東部に位置する秘境(此処の温泉地には13軒の宿泊施設しかない)は、

古民家が多く移築されていて穏やかな空間だった。

今回は萬葉館さんへ酒の会として初めて訪れたが、もの凄く温かく、心地良い空間でした。

蕎麦が無茶苦茶美味い!!!!! 多分車でのアクセスとなるから美味い蕎麦の後には

昼寝したくなるなぁ〜と思わず寝転んでしまった位心地良い場所でしたわ。

萬葉館さんのHPは、http://www.geocities.jp/banbakan/ です。

で、酒の会の内容は凄く良かったよ。料理と器&お酒のマリアージュ♪

最高でした♪♪やっぱ器が料理やお酒を引き立てるね!美味くするね!!

そんな心意気の人の所には良い人が集まるね!仕事なのに凄く楽しい&刺激に

なる一時を戴きました。ありがとうm(_ _)mです

今年の仕込には更に気合入れて、ビックリさせてやろう!と誓った日でした。

VIVA萬葉館&ご賛同された:美食屋 食, 相田 太一、食楽つるちゃん, 釣田 正道、

ごとう屋, 後藤 久彰&Wives&more staff & people

 

 

 

カテゴリ:

本日多治見陶器祭りに足を伸ばしました。凄い人・・・

人ごみは嫌いだ。

 

ともあれ本日のおいらのメインイベントは、最近多治見に店をOPENさせた

友人の店へ出向く事だったんだが・・・お土産の梅酒を忘れTT

気を取り直して出向きました♪すっげえ良い店!!!店周辺の雰囲気も

レトロな感じでGOODです。隠れ家ですな^^

木のぬくもりや人の温かさから非常にホッとする空間(店)でした。

次回は祭りじゃ無い時に、ゆっくりとおどずれたい所だわ

古着とかも置いてあったし他では滅多に目にかかれない

FREEPAPERもマスターの行動力で毎号拝読できる♪

他にも色々書きたい事在るのだが、それは店に行っての楽しみと言う事で・・・

 

『 ヴァン ファ 』

多治見市小路町3  Tel 0572-23-2956 月曜休み

OPEN:11−11

場所は↓アドレスをクリックなされ。

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&size=500,450&nl=35/19/50.496&el=137/08/01.154&&coco=35/19/49.655,137/08/03.858&icon=mark_loc,,,,,&scl=25000

オリベストリートに在る十六BKを市役所方面へ曲がり、うさぎ跳びで30歩位の所、右側ですわ

カテゴリ:

昨日、友人と話している中で”燗酒”のイメージの話が在った。

日本酒がフルーティーで飲みやすいと認識され始めたのはつい最近(十数年の話)の事、

その中でも、冷酒は美味い、冷酒は飲みやすいとのイメージが多いようだ。

それに加えて、日本酒に深い興味が無い限り名前の違いが解りづらい・・・

名前とは、純米大吟醸、大吟醸、特別純米酒、本醸造.....などなど

日本酒は大きく分けると 『純米酒』 と 『本醸造酒』 に分けられる。(他にも普通酒、合成清酒など在るが、此処ではあえて触れないでおこう)

純米酒は米と米麹(こうじ)と水から出来上がったPUREなお酒。

本醸造酒は上記の原料に焼酎甲類を加えたものだ。私たちは原料用アルコールと呼ぶが・・

日本人の感覚的に添加されたり、別に加えられたりすると”不純”のように感じる人が

多いようだが、アルコールを添加する量も”馬鹿とはさみ”の理論だ!!諸刃の剣?

BESTなアルコール添加量の本醸造酒はホントに美味い!!

近年の傾向的に純米酒への依存度が高いように思えるが、イメージの先行ではなかろうかと

チョッと考える所もある。

で、お酒の種類の話に戻るが、純米君と本醸造ちゃんに分類されるわけだが、

これらに大吟醸ちゃんや吟醸ちゃん、特別君がペアーになることが多くある。

それらは精米歩合によって変わるんだな。

純米 + 大吟醸 = 純米酒であり精米歩合が50%以下であること(50%はこめ糠として捨てる)

純米 + 吟醸  = 純米酒であり精米歩合が60%以下であること(40%は糠として捨てる)

大吟醸      = 微量でも焼酎甲類が原料の一部として使用され、かつ精米歩合が50%以下

吟醸        =       同    上               、かつ精米歩合が60%以下

本醸造(上撰、佳撰など)= 精米歩合が70%以下で焼酎甲類が規定以内で使用されたもの。

(ラベルを良く見ると、原材料の欄に”醸造アルコール”と記載されているはず)

 

で、おいら個人の見解では『焼酎添加はけして悪いものではない!』技術の向上過程の産物だと

思っています。

だって焼酎を添加して米の旨みを美味く引き出す役割をしてくれるんですよ〜

ほら、注射するアルコール消毒されるとすぅ~とするでしょ、蒸発と共に中の成分を引き出す

役割を担ってるんです。焼酎サワー飲んでるキミ!日本酒をロックで飲むとか、水割りするとか

した方が体には良いですぜぇ〜^^

 

最後に燗酒にしても冷酒のような爽やかさや飲みやすさ、それにフルーティーさがあったら

日本酒のイメージがもうチョッと変わるのでは・・・と思い商品生みだしたお酒が在るのです。

まあ、宣伝になりますが当社の ”ホッとひといき” という名の純米酒。

ぬる燗(45〜48℃前後)がBEST!!かおりが爽やかで(ほんのりグレープフルーツのような

柑橘系の香りがしつつ)飲みやすい。燗酒に多い甘くてベトベトはないよ。

燗を付けることによって味の成分が(分子レベルで)大きくなるので味に関しても

物足りなさが無い!!フルーティーな燗酒で新たなブームが起これば最高!!!!!!!

 

最後まで読んでくれた方、日本酒に対してのコメントよろしゅうです♪

 

 

 

カテゴリ:

やっとPCの前に来る事が出来た!!久しく時間が創り出せなかった・・TT

そうそう、多治見に美味しくて、安いSWEETSを発見!!!!!!!!!!

貰い物だがね・・・

店の名前が出てこない・・・えっと多治見の商工会議所の近く。美味しいとんカツ屋の信号左曲がったところに在る店。

コルネ?パイ生地の外面の中にクリームが入ったSWEETSでしたが、130円って言ってたかな?

価格的にはコンビニSWEETS、BUT中身はちゃんとしたパティシエールが作った味です。

次回はお気に入りのコーヒー豆持参でTAKEOUTしよ♪店の名前思い出し次第UPしまっす!

色気を感じる様々な瞬間

カテゴリ:

昨日、うれしい事があった。

多治見に”南風”(なんぷう)と言う沖縄料理店がある。

そこの店長が、蔵見学に来てくださった。笠原出身の小林友和さんです。

きっかけは当蔵の代師(だいし、麹を担当する者の敬称)渡邉良平がナンパした・・ウソ

ホントは、家の代師はホント熱い奴で、店長とリンクしたわけです。

たまたま見学中にお会いする事になり、話をしましたが、良い人ねぇ〜!!

人は人の為に在るって言い切る方で、好感度高い素晴らしい人でした。

店にはまだ行った事ないけど、店の料理も人も良いんだろうなぁ〜と

感じさせる人でした。

 

小林1

 

:店情報:

南風・多治見店

多治見市太平町6−13

0572-21-4456 http://www.nanpu.co.jp

 

 

 

小林2

 

 

お客様の喜びが私の喜びです

by Tomokazu Kobayashi

Captain of NANPU Tajimi

カテゴリ:

BLOGにカウンターを設置して3ヶ月。

アクセス1000に昨日タッチ致しましたm(_ _)m

 

残念ながら、その記念すべき方は解りませんが、訪れてくれている方たちに

感謝です。

 

これからも、私事でありますが訪れる方たちが楽しい&”何か”を感じる、そんな

ブログになるようにがんばりますっ♪

 

これからもよろしくお願いいたします。書き込みよろしく!!

いざよい-Izayoi

カテゴリ:

最近多忙でゆとりが無い・・・

自分自身を振り返ってみても笑顔が無い気がする。

大変な時に笑顔で居られないなんて、男として駄目だなぁ〜と思うので、

外に出て気分転換。そう今日は十六夜の月!!!

陰暦の8月16日の月の事。満月の翌夜、陽暦の今日さっ

満月より少し遅れて出るからためらい月、いざよう月などとも言われている。

昔の人は自然から多くの事を悟っていたと感じる。月の呼び方はホント沢山ある。

中秋の名月の前後には・・・

宵(まつよい、陰暦8/14、十五夜の前の日ね)立待月(たちまちづき、陰暦17日)

居待月(いまちづき)、臥待月(ふしまちづき)、更待月(ふけまちづき)など・・

月の出てくるまでの時間や明るさなどなど、実に情緒溢れる言葉で表している。

 

十六夜

俺は陰暦と共に酒造りを勉強してゆこうと、実践中。

浅知恵ながらも、太陽と月の関係が、命に与える影響は

過大なる物と考える事から、共生してゆく事は

大きな叡智となるだろう・・・

 

虫の音と月、これに妻と子供・・・脇には小左衛門があれば文句無いが・・・

小生仕事中・・TT

 

このページのトップヘ

見出し画像
×