駒ヶ根高原スキー場




2013年02月25日晴れ
4回目




大雅、悠行、昊平、裕子、孤高のボーダー



晴天に恵まれたが、風が強い。

アイスでは無いが、雪質は硬い。



大雅バンプ走行に愉しみを見出す。
悠行板を揃える意識が見られる。


昊平ボードソリに愉しみ見出せず、眠りに‥


滑走面が2本、初級中級クラス。トリッキーな場所は無い。
ただ、景色が良い



画像1










初の二人乗り

会話してる仕草が、可愛らしい

画像1

















真冬の車窓






1997年、入社以来







冬季に休みを取った





画像1

無事に、乗り越す事無く下車





瑞浪からの車窓に、目新しい雪景色が

心を踊らした




さあ、チョット散歩してこよ〜









初スキー20130203





酒造りを初めて以来、15年振りの
冬季休み

初の家族で雪山
家族のこういう時間大切ですなぁ







画像1


モンデウス位山





タイガ&ハルは初スキー
コウヘイは初ソリ

次回は板履いて家族レッスンかなぁ





モミジ




ベストシーズンは過ぎ去った感はあったが


まだまだ素晴らしい情景を織り成していた




画像1









多治見には、モミジ茶やモミジ色素がある


綺麗なストロベリーレッドを生み出す


四十九日のレシピ  撮影の恩恵



数日間に渡り、蔵の前を流れる

土岐川沿いにて撮影がされている




かつての記事に、蔵の前に架かる橋、

土岐橋の改修工事に反対に触れたが

やっぱり良い事があったね。

まあ、岐阜と愛知が推奨撮影に挙げられて

いる要素も忘れがたいが、経済効果もデカイ


画像1




何より、俺等にとっては

夜の帳に映しだされた蔵の建物と

土岐川や橋の景色が美しく

思わぬ恩恵を頂いた。











先週、かみさんと喧嘩した。


内容や原因は割愛





長い喧嘩期間の中で学んだ事は、感謝と言うキーワード










家族、会社、社会、生活の中で

感謝の気持ちをどう捉えて、どう表すか



とても大切で、重要だと痛感した。


学びの深さは、痛みと比例するところがキツイ




現実の世界と、精神の世界の両輪で学びを深めて行こう

20120818
二男、悠行を空手道場体験稽古へ

周りの真似をしながら、終始楽しく
終えた


フルコンの啓心館はどうかと思っていたが
以外に、好感触

礼節と心に重きが在り、良い

相手を想う心と己のエネルギーの管理
現代社会の中で、自らのエネルギーサイクルを管理する事に、眠っていた部分が
くすぐられた


武術、イイね

王滝村・自然湖






以前からカナディアンで来たかった場所



自然湖












以前来た時に解っていたが、エントリー付近の深場の水質透明度は低い


泳ぎたく成る水質では無い



上流の流れ込み付近がベスト





2012-08-10 16:14:05 写真1




カヌーか草木をかきわって山の中を突っ切らない限り行けないポイントだから、ほぼプライベートアイランド



次回は森きちでキャンプセットで来てみるかぁ

2012-08-10 16:11:45 写真1



2012-08-10 16:12:49 写真1




土岐川

梅雨が明けてきたなぁ〜

日差しが強いが、湿度がまだMAXちゃうから

心地よい


天気が良いので、近くの川へ








う〜ん、なかなか遊べるね、此処


ツルツル滑るのが、すっごく楽しいらしい


溜まりの所では、温泉だぁ〜 ああぁ、良い気持ち〜っち

言うとります。


勇気を振り絞らないと、おいらは泳ぐ気になれない水質なのが

チョッと残念。 これはオイラの課題ですがね・・・・


こうへい






こやつ、笑顔がカワイイ












我が赤ちゃんを抱くのも、これが最後だろう…



安らぐなぁ~

些細な時間

一期一会の価値観は千差万別

楽しく、笑い声の絶えない時を送れれば最高なんだが、中々出来ない


さておき、一見無意味な行為や仕草には想いがこもったりしている。





解りやすい




されている本人は認識出来る年齢では無いが、実は周りを和ませる役割を担ったりする。


まだまだ成長せにゃ〜あかん

仕事 VS 家族




今日で姓を貰い、38年経った。


納得の行く38年かと問われたら、No
だが悔いは無い。

次の世代へ夢を拓せる宝石も授かった。








こいつ等と夢を実現させて行く事かもっぱらの楽しみ




結論を出したものの、何時も自問自答。家族か仕事?

行ったり来たり




気合いいれて今年も参りまっせ!!

理解者




酒造期間になると市内ではあるものの、単身赴任に成る我が家。



伝統的な酒造りとして、休みの在るサラリー酒造工員への理解迄には至らない。








そんな中でも、文句いう事なく家族を支えてくれるパートナーに感謝


おかげで子供たちもこんな笑顔





ありがたい事だ

まったり暮す

多くの人間は、のんびり暮らしたいと、望んでいるのだろうか?



おいらは、まったりと馬に股がり家族で散歩する朝を過ごしてみたい。


誰も踏みしめた跡の無い広野にシュプール描くのも悪くない









欲望があるうちは、平和は遠い





三種三様

出生後、2時間









ハハッ(^^) カメラを向けると、みんな違うリアクション

一年の歳月

木の葉を踏みしめる ガサッ ガサッ 以外に柔らかい事にびっくり デンプン質が消化されて、色が変わり 自らの保護と栄養循環、子孫繁栄と 素晴らしい循環環境を持つ落葉樹は







見るにも心を奪われる


 







自分の人生も、この榎の様に凛として優しいながらも存在感が在る、皆から好かれる一生で在りたい

ありがとう ありがたい事に、第三子を頂きました。

23BY 始動します!







今年も、富山県砺波野地区の

五百万石55%から始動します!












今年は心白率も高いし、割れも少ない。楽しそうな造りになりそうです。




14年








第2の故郷、バンクーバーに



14年振りに帰った




記憶はおぼろげだが、変わらない
物も在る










一生記憶に残る様なお酒を世に生み出し続けたいものだ



朝はご飯










朝はゆっくり寝ていたい



手軽なパン?コーンフレーク⁈




どんな理由が在るにしろ

おい等は、やっぱりご飯だな








子供にはどう映っているのだろうか


素晴らしい場所は、残るだろうか

SET UP THE BOOKSHELL







                        ブッククロッシング



岐阜県2番目の公式ゾーンとして、中島醸造・小左衛門が登録されました!!



屋根裏部屋から引っ張り出してきた水車のパーツを利用して、本棚にしました。



BOOKSHELL




これより随時本の登録を行い、本の旅が始まります








わくわく、ドキドキ・・・

日常を非日常に

000330


電車の荷物棚にポツーンと置き去りにされた本

おいらはそいつに物語を空想する。


BOOKCROSSING 公式HP
 日本サイト




誰かが何らかの意図をもって、あえておかれたその本に

そっと手を差し伸べ、新しい世界をのぞいてみるのもまた乙だろう




そんな日常を、非日常の時間へといざなるのが
BOOKCROSSING だ。


大好きな本をどこかのだれかと共有する

おじいちゃんを連想させる重厚な表装の本を、ギザのピラミッドの脇に置いて
旅をさせてみよう

大地の恵みから、幾多の工程を経て、我々の心をワクワクさせてくれる

その本が、BOOKCROSSING(ブッククロッシング)したら、より楽しくて豊かな時へと
変わるだろう





船長、上陸します!!



マイKidsの初カナディアンカヌー



上の子は、隊長に成りきり上陸場所の指示をトト船長にしてきます。

下の子は、兄ちゃんの真似を仕切りにして楽しんでます。








豊かな遊び場が沢山在ると楽しみも増幅するんだが…


水遊びの場ってホント少ない




天然のね…

久し振り


この仕事を始めた翌年に購入

13年目に突入した。今はクロックス擬きがあり出番がめっきり減った此奴は雪や寒さが辛い時出動する。



そろそろ世代交代かなぁ






これ、治せないの??




ビーンシューズ リペアー













いけないカセットテープ










昨晩偶々聴いていたZip FmRADIO

土岐麻子 のリリースアルバムに










が、収録されていると…



このカセットテープも実家のダンボールに詰め込められ処分される処、救出された。


なっ、懐かしい



資生堂とのタイアップで生まれた曲なのかは定かでは無いが


名曲で在る事は、間違いない



憩いのひと時








瑞浪市内を蛇行して流れる一級河川、土岐川







 







身体と睡魔が襲わない限り、30分程度のライディングを楽しんでいる。



そんな、秋の一時







栄養価が高すぎる為に、河川が侵されている。

この川も昔に比べればかなり汚れた。護岸工事も行われた。


定期的に行われる川底の均しも・・・おかしな事になっちまった。



しかしながら、それでHAPPYに成る人もいる事を忘れてはいけない。
でも、残す事はそんな事じゃない!!

このページのトップヘ

見出し画像
×